フィンジアに副作用はあるのか?

話題の育毛剤フィンジアは、2015年に新しく発売された育毛剤です、現在は安定して商品が供給されていますが、発売当時品切れ続出でなかなか手に入らなかった話題の育毛剤です。

フィンジアは、他の育毛剤とどのような点が違うのか、また副作用は本当にないのか、徹底的に副作用について調べました。

フィンジア(FINJIA)とは

フィンジア副作用

フィンジアとは株式会社ユーピーエスから発売されました育毛剤です。

分類としては、医薬品ではなく化粧品に分類される商品です。

フィンジアの最大の特徴としては、キャピキシルとピディオキシジルという2つの成分の効果が育毛に効果があるとして販売されています。

それ以外にも多数の栄養素が入っており、天然栄養成分を多数配合して、頭皮に安全な育毛剤となっています。

販売に関しては、公式サイトの他にamazonや楽天でも販売されていますが、公式サイトが最安値になっており、ドラッグストア等での販売はしておらず、ネットや電話からの通信販売だけになっています。

フィンジアの特徴

10万本へ到達する早道はあるか!
ゲートの内側に届ける限界濃度の2大成分+10成分!
SPEテクノロジー!

公式サイトを見る

フィンジアの特徴としてまず浸透力があります。独自のSPE理論で固くなったゲートをこじ開け、成分を悩みの元へ届けてくれます。

PHASE1 ゲート解放
ゲートアクセス理論に基づき、カプサイシンをゲートの解放を可能にする配合量まで調整、固くなったゲートを開きます。

PHASE2 到達
開いたゲートから、悩みに働きかけるキャピキシルとピディオキシジルの2大成分+10成分を届けます。

PHASE2 実感
育毛剤を作る上で選び抜いた12の成分を悩みの元へ近づけて、かつてない実感へと導きます。

フィンジアは、キャピキシル、ピディオキシジルの配合濃度が他の育毛剤と比較しても大量に含まれています。

キャピキシルとピディオキシジルが配合されている育毛剤はたくさんありますが、フィンジアはキャピキシジル5%、ピディオキシジル2%と配合濃度がかなり高く含まれています。

効果

フィンジアの効果は、キャピキシルの効果が一番有効的だと言われています。

キャピキシルは、リアップX5などに使用されている医薬品のミノキシジルとの育毛実験の比較で、ミノキシジルの3倍の効果があったことが実証されています。

ミノキシジルは医薬品なので、どうしても副作用というものが発生しますが、キャピキシルはアカツメクサ+アセチルテトラペプチド3という自然の成分から作られているので、副作用が無いと言われています。

さらに、キャピキシルの成分でもある、アカツメクサのエキスは、ビオカイニンという成分を含んでいます。このビオカイニンという成分は、抜け毛の最大の原因である5αリダクターゼを減少させたという実験データが実際にあります。

このキャピキシルだけでも効果的と言われていますが、フィンジアにはさらにピディオキシジルという成分も使用されています。

ピディオキシジルは頭皮のめぐりに働きかけながら、必要な栄養を毛根に届ける待望の高機能成分と言われている、ミノキシジルと似たような分子構造をしています。

マウスを使った実験ではピディオキシジルを塗ったマウスに、大量の毛が生えてきたという実験結果もあります。

フィンジアの代表的な成分

フィンジアには育毛に効果的とされる成分が2大成分+10成分の12種類入っています。代表的な成分を説明したいと思います。

●キャピキシル
キャピキシルは脱毛ホルモンを抑える成分を含んでいるアカツメクサクサ花エキスと、毛包再生能力が高い成分アセチルテトラペプチド-3を配合して作られました育毛剤のための成分と言われています。

●ピディオキシジル
ピディオキシジルは医薬品のミノキシジルと名前が似ている通り、分子配列がすごく似ておりミノキシジルの副作用が出る部分だけ取り除いた成分として作られたので副作用が無いと言われています。

●パンテノール
●センブリエキス
●ビワ葉エキス
●褐藻エキス
●グリルリチン酸2K
●ボタンエキス
●フエボダイジュ花エキス
●ヒキオコシ葉/茎エキス
●ヒオウギエキス
●キハダ樹皮エキス

フィンジアは、この12成分で作られています、髪の毛を10万本にするという目標を掲げて、未だに解明されていない発毛メカニズムに立ち向かっている育毛剤です。

公式サイトを見る

フィンジアに副作用はあるの?

フィンジア副作用

ここで最大の関心ごとである、フィンジアに副作用はあるのかどうかと言いますと、結論は基本的にフィンジアに副作用の心配はほとんどありません。

フィンジアを構成している主な成分は、キャピキシル、ピディオキシジル、カプサイシン、ヒオウギエキス、グリチル酸ジカリウムなどがありますが基本的には、人工的に作られた成分ではなく、自然の成分を使用しているので副作用が無いと言われています。

ただ、フィンジアを使っているユーザの口コミとして「フィンジアを使い始めたら髪の毛がん抜け始めた!副作用では無いのか?」という声があります。

ただこれは、副作用ではなく、初期脱毛と言われている症状だと考えられます、初期脱毛とは髪が発毛する成長期の段階に入ったときに、一時的に古くなった髪が抜けてくる症状です。

この初期脱毛は、リアップX5でも起こりますし、AGAの薬を飲んでも起こります、育毛剤を使った場合にも起こりえると言われる症状です。

ただ、この初期脱毛は頭皮が改善されて来ているという症状なので、抜け毛が増えるのは心配になると思いますが、良い方向に向かっている症状とも言えます。

初期脱毛の期間としては約1ヶ月くらいと言われていますが、個人差があるのでもう少し長引く人もいると思います。

初期脱毛が始めると、フィンジアの副作用と勘違いして、フィンジアの使用をやめてしまう人がいますが、ヘアサイクルが正常に戻りかけているということなので辞めてしまうと、元の木阿弥になってしまいます。

フィンジアが合う人、合わない人

※フィンジアが合う人

●ハゲがまだ進行していない人。
フィンジアはハゲが進行している人には効果が薄いと言われています、あまりにも薄毛の状態になっている人は、育毛剤ではなくてAGAの病院に相談される方がオススメです。

AGA専門病院無料カウンセリング申し込み→

●敏感肌でフィンジアが合わない人
フィンジアを使い、肌荒れになってしまう人はフィンジアを使わない方がいいです。フィンジアは自然の成分で作られているので、一般的な肌の強さの人なら誰であっても利用できます。

●中高年のAGAの人
70代以上の高齢の方は、フィンジアの効果を感じられない場合があります、高齢者の方にはフィンジアの効果がない場合もあるので、使用を避けられた方が良いかと思います。

●薄毛予防をしたい人
今現在、まだ薄毛に悩んでいない人にもフィンジアは効果的です。将来的にハゲてしまうかもと恐れている人はフィンジアが効果的です。

※フィンジアが合わない人

● 若年性AGAの人
20〜30代の若くして髪の毛が抜けてきている人には、フィンジアが効かない可能性があります。フィンジアは医薬品ではなくあくまで育毛剤なので、急激な増毛の改善には効果が薄い場合があります。若年性AGAの場合はAGA専門の病院に行って相談される方がオススメです。

AGA専門病院無料カウンセリング申し込み→

●かなりハゲが進行している場合
かなりハゲている場合は、毛根自体が死んでいる場合があります。その状態では、フィンジアを使ったとしても効果がない場合があるので、かなり薄毛の状態になっている人は病院に相談されることをオススメします。

●すぐに結果を期待する人
フィンジアは基本的には3ヶ月ほど使わないとなかなか効果を感じることができない場合が多いです。すぐに結果が欲しい人は医薬品を取り扱うAGAの専門の病院に相談されることをオススメします。

AGA専門病院無料カウンセリング申し込み→

まとめ

フィンジアは育毛効果がきちんと認められた上で、副作用がないと言わている育毛剤です。

リアップX5のように、医薬品はどうしても副作用があります、しかしフィンジアは、敏感んあまつげに使う、まつげ美容液にも使用せれているキャピキシルを採用しているので、安心して使用出来ます。

そして、キャピキシルだけでなく、ピディオキシジルという新しい成分を使用してさらなる育毛を促進してくれます。

フィンジアは、キャピキシルとピディオキシジルを始めとする、自然の成分を使用しているので副作用がなく安心して利用出来ます。

公式サイトを見る

私自身が、フィンジアを利用して毎日の抜け毛の量を数えて、ハゲの改善を行っています。

絶対にハゲたくないので、私と同じようにハゲで悩んでいる方は、副作用がない、フィンジアを使ってみてください。